五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

感謝して過ごします。

犬たちの能力には毎日驚かされます。

「次は自分が練習する番だ!」と予測したり他の子が褒められていたことを覚えていて やってみたり本当に犬って素晴らしいですね。

犬は五郎で5頭目ソフィアで7頭目だけれど今までは観察していなかった訳ではありませんが 犬の事を深くは 考えてはいませんでした。

平気で留守番もさせ 犬中心には動いていませんでした。ペットとして大切に可愛がっていましたが今は全然関わり方が違います。

時間を共有することで愛情が育ち 今や身体の一部になってしまったようです。これを話しても普通の友達には理解して貰えないのです。

夫が昨日学生時代の飲み会に参加して 我が子がいかに可愛いか優秀かを話しても呆れられて誰も分かってくれなかったそうです。

それはね ドッグダンスをやってる人と話しましょうよ!犬が一生懸命で 可愛くて 感情があって 喜びを分かち合える存在だということ。みんな賛同してくれるわよ。犬はどの子も素晴らしいのです。


「ソフィアはなんで今勝手にクレートに入ったんだろう?」「今なんで座っちゃったんだろう?」「勝手にフセた時はどうすれば良いのか?」と感染者が色々聞いてきます。

母ちゃんは確信を持って答えられないのです。

「きっと 伝わってないんじゃ無いかなあ?」「勝手にやった時は 違うよって教えて 正しい形に導いてから褒める だと思うよ」

教わったことを引っ張り出して教えるけどソフィアについては「これで良いんだろうか」と考えてしまいます。

ソフィアは左側に来ると座るものだと認識しています。前面に座らせても居心地悪そうにソーッとお尻を動かして左にじわじわ移動してしまいます。

2人で「前面に座ることをもっと褒めて距離を縮めようよ」今は30センチは離れています。「くっつくにはどうすれば良いの?」と感染者 えーと トリーツを渡す位置じゃないかな? ロックだってやっと今の距離よ あと足のつま先開いて近寄れるようにするのよ。まだ日が浅いからゆっくりでいいから慣れていこうよね〜

熱心に取り組んで 実験しているみたいです。男の人って取り組み方が違いますね。前日より確実に良くなっています。

まずはもっと遊ぼうよ!何かさせようとする前に いっぱい遊んでウキウキさせなきゃ!

ただ おもちゃを引っ張るんじゃ無くてさ・・・ 夕食後も練習しようと言い出す感染者はかなりの重症患者です。ソフィアは喜んでやっています。尻尾はクルンと先が上がりユラユラ揺れています。シェパードってすごく命令されたい犬種みたいですよ。デレーッと完全に目を閉じて寝ていません。絶えず人の動きを目で追います。人間が動くとガバッと起き上がりついて歩きます。神経使い過ぎかな?大丈夫かな?と心配なくらいです。

ロックも同じくストーカー。

五郎さんは好きな場所で伸びきって寝ていますよ。可愛い子たちに癒されて 婆ちゃんの介護をしながら 日々が過ぎて行きます。もし五郎たちがいなかったら心が折れていたかも知れませんね。1日何回も笑わされています。

感謝して過ごしましょう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。