五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。

キャンピングカーの思い出

子供がちいさいころ お正月を

温泉で迎えようと群馬県の温泉に8人で

出かけた。大晦日から2日まで

それがギャングが掛け軸は引っ張る コップは割る

夜泣きに 母は湯あたり で疲れと恥ずかしさと

莫大なお正月料金で頭を抱えた。

旅館は無理ね

キャンプしかないね

その年バンテックと言うところでハイエースを改造した

キャンピングカーを買った。

蟹を食べに寺泊に行ったり

蕎麦を食べに信州に行ったり山梨のキャンプ場は

毎週のように行っていた。

その車を私の今は亡き父が事故でボコボコにした。

オートマに慣れていなくてアクセルとブレーキの

踏み間違えで車軸が曲がるほどのダメージで

廃車寸前だった。

父が直したいと言い張り 費用と日にちを費やし

結局またその車に乗って夏休みに北海道に行った。

ちゃんと直っていなかったのかダメージがひどくて

出てきたのかわからないが

北海道の真ん中辺りでエンジンから煙りを出して

車は止まってしまった。

忘れもしない8月13日お盆休みだ。JAFは5時間まち

途方に暮れているとキツネが一匹こちらを見ている。

子供達は喜びお菓子を投げるとキツネが食べる。

市場で買った珍味を食べて二匹にふえたキツネを見て

JAFをずっと待っていた。

旅行の思い出は事件があった方が鮮明に残る。

熊牧場よりも市場の海鮮丼よりもキツネが忘れられない。


JAFは暗くなりやっと来てくれたが修理工場は休み。

オイルがエンジンのひびから漏れてエンジンは焼き付いてしまっていた。旅行は中止

寝台車にサンダルばきの汚い親子が乗り込み東京に帰ることになった。キャンピングカーではいつもラフな格好で乗っていたので周りの目が気になった。バッグだってないのよ!スーパーのビニール袋。

「僕たちこれからどこ行くの?(何があったの?)」と聞かれ

子供達は口々に キツネをみた 車から煙りが出た とかパパとママが喧嘩した とか お金が大変だとか話したらしい。

沢山のお菓子を貰い味を占め 

列車の中を歩き回り物乞いをしていた。

親は疲れと修理と運搬費用とJAFのお金とを考えてぐったり

子供達の行動には 気付かず。後で知り恥ずかしい思いをした。

六花亭のチョコレートが沢山あった。

今は笑える思い出になったね

その後莫大なお金がかかったキャンピングカーは

キャンプは嫌だ!の子供達の声で安く売ってしまった。


この頃 また買いたくなってしまって困っている。


あっ お問い合わせのメールが沢山

五郎ちゃんお腹大丈夫ですよ~

いつもの が出ました。

ご心配おかけいたしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。