五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。

落ちました!認定会



世の中思いどうりにはいきません。
浮かれていると谷底に落ちます。
早めに行って場所に慣れれば大丈夫だと思っていました。
練習でもちゃんと出来たのに
本番になって固まってしまった五郎
梃子でも動かぬ姿勢に慌ててしまいました。
餌を見せても鼻先に付けても何がどうしたのか断固拒否の五郎
理由をあげれば他の犬の鳴き声に怯えたか 音に怯えたか
私の緊張が伝わったか それは全部言い訳で
このジャッジシートが全てです。
絶対合格と思っていたので
写真撮影を想定して化粧をし コメントまで考えていました。
島本本部長が「逃亡した場合は・・・」と説明の時
心の中で「ありえなーい」とつぶやきました。
五郎は逃亡したんです!私のそばから逃げました。
受験した6匹中 不合格は五郎と私だけでした。
信仰心は無いけれど イエス様はブッダはアッラーはヤオヨロズノ神は
いったい私に何を気付けとの    おぼしめしでしょうか
のぼせるな

調子に乗るな
謙虚さが足りない

  心当たりがありすぎて
しばし 落ち込み 色々な気持ちが湧いてくるのを感じて
自己嫌悪に陥りました。
五郎をなじるような言葉もわいてきました。
「何で?どうして?今日に限ってやらないの?」
前はウンチとおしっこをして今回は本番で固まり
一体全体ダンスどころじゃないでしょ


気がつくと五郎が私の膝に頭を乗せ尻尾も下にだらんと下げて
神妙な顔をしていました。  ションボリしていたのよ!
「母ちゃんごめん どうしても嫌だったんだよ」
あっ この子私の気持がわかってると確信できた瞬間だった。
初めての感覚をはっきりと感じる事が出来た。
単なる思い込みかも知れない いいえ違う
確かに五郎は私の心に寄り添ってくれた。
それが今日の大きな収穫

また一からやり直そう五郎ちゃんと一緒にね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。