五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

伊藤先生のレッスン

あさんぽ は近所で排泄散歩です。

伊藤先生のレッスンがありました。

色々な基礎練習をします。犬が後ろ足を使って回る事ステーションを使ってポジションを教える方法

餌の持ち方 どちらの手で持つか 出し方 ちょっとした手や指の方向で犬に伝わる事 犬の理解と人の理解の差 を目の前で見ました。

正しい位置で褒めなきゃいつまでたっても犬はわかりません。母ちゃん時々未だに「自動エサやり機」 状態になって正しくないのに「そう!」とか言ってエサを出すんです。考えながらやれっちゅーの!

「ちょっとオヤツ貸して」と先生がおっしゃって五郎をひきつける

その場で先生がまるで魔法でも使っているみたいに動かします。

犬たちができるようになっちゃう。

わーっ!アレ〜!びっくりの世界ですよ!犬は最終形で褒める事、フセを教えたいときはフセている時にガンガン褒めるとフセを理解します。立ち上がってから褒めたら犬は「ちょこっとフセて立ち上がれば良いんだな」って覚えてしまうのです。犬の理解の過程を知る事 うーん勉強になります。

ちょこっとだけバウをしていたロックが先生が教えてくださった方法で夕方にはバウを数秒キープできるようになっちゃった!

伊藤先生 凄すぎるんです。そしてすぐできるようになるロックも凄いぞ!

ロックのマテと母ちゃんのマテダンスとの関係を解説して下さいました。ロックは「この変なダンスの後には待っていれば良い事あるぞ」と理解しているそうです。もし分からなければカーミングシグナルを出すはずだそうです。そういえば昔、五郎が母ちゃん踊りだすとあくびをしていたなあと思い出しました。

思い込みが混乱を呼びますね

五郎ちゃんわかっていなかったのね

先生の通訳で知る犬の気持ち 大切にしながら歩みたいと思いました。

五郎はヒールワーク の強化 できるけど楽しいと思っていない事を「楽しい」「やりたい!」と繋げること。

毎日の積み重ねが大事ですね!

母ちゃん犬の事を学ぶ事が楽しくて仕方がありません。五郎とロックに伝わって褒めると笑ってくれる時が最高に嬉しいのです。


頭を使うとお腹が空きます。

ちゃんと五郎とロックにもお土産 焼きましたよ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。