五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。

反抗期

いつもの公園で小さいわんちゃんを怖がらせてしまった。

五郎は遊びたくて飛んでいったが相手は怖くてキャンとないた。呼び戻しの声を無視

その場から逃げようとした。やっと来ると飛びつき

甘えてごまかす

中学生ぐらいの男の子の反抗期のような

わかっていても従わない

自分の子供の時は 反抗期は嵐が通り過ぎるのを

祈りながら待てと言われても、ガンガン厳しく

私の考える正論を演説して「うぜえばばあ」と思われて

いただろう。濃厚なスキンシップと美味しいご飯と

愛情を押し付けたが 結果4人とも心優しく育ち

社会の中に巣立っていった。

犬も同じで良いのかな?

ぐれないかな?

ちょっと厳しくしようと思うが

大丈夫かな?

五郎の首の後ろをつかんだり

ひっくり返したり 脅かしたり

しても大丈夫かな?

嫌われないかな?

試行錯誤 おっかなびっくり

自信は無いし…

 

そうだ!こんな時こそ先生に聞いてみよう!

五郎と一緒に

朝はいつもの公園へ

幼なじみと駆け回りボールを取り合ったり

プロレスしたりたくさん遊んだ。お友達と

おすわりや待てを一緒に練習した。

午後はドッグラン

誰もいなかったので練習できた。久しぶりなのに

やめようとしないでもっとやりたい!と五郎。

ウイーブ アラウンド ループ スタンド バック

なんでもどんどんやってくれる。

お母ちゃんは嬉しかったあ O(≧∇≦)o五郎ちゃんいい子。

夜は犬友ママと美味しいお寿司屋さんに行きました!

犬の話ばかりして それでも話は尽きなくて

楽しい週末となりました。

今日の心境

ある程度の歳を重ねて

自分の性格の悪いところも知っている。

反省して直してるつもりでも

また繰り返したり

歯を食いしばっても直せなかったり

妥協したり

居直ったり

自分をごまかしたり

ひとのせいにしたり

見て見ぬ振りをしたり

嫌な自分に向き合うのは出来れば避けたい。

でもどうやら犬の前では自分をさらけ出さなければ

受け入れてもらえないようだ。

はいつくばって向き合わなければいけないようだ。

純粋な汚れのない目で見つめられると

トロトロにとろけて 恥も人目も構わず

本当の自分をさらけ出してしまう。

こんな私でも慕ってくれる愛おしい五郎と

ゆっくりと宝物を探してみようと思ってる。