五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

お正月飾りを作りました!

五郎と母と一緒に世田谷に行ってきた。

娘家族に二人を預けてフラワーアレンジメント教室へ

モダンなお正月飾りになりました。

一緒に昼食をいただき

帰ってドッグランへ行ってきた。

思いっきり走って嬉しそうな五郎

マハロちゃんとおもちゃの取りっこ

上手に遊べていた。さすがアウラッ子

穏やかに楽しいドッグランだった。

五郎の凄い怖い顔 


明日は調布の「ドッグダンスをする人の為の

ダンスレッスン」に初参加する

ネットでダンスシューズも買った。

ドキドキワクワクしている。

できるかなあ?と少し心配もあるが

五郎と一緒に行けるから楽しみだ。


今夜は娘家族とそのご両親との忘年会

年末ってホントに忙しいね~

キャンピングカーの思い出(補足)

友達からメールで質問が来た。

何故 危機の最中喧嘩をしたのか?

何故 子供達がキャンプは嫌だ!と言ったのか?


北海道旅行では運転は交代でしていた。車が煙りを出して

動かなくなったときは運転は私がしていた。

何故もっと早く気がつかないのか?

ハンドルの奥にある何だかわからないメーターは

Hを振りきっていた。運転中 前以外は見ないのが私

何故 車が動くのか知らない

タイヤ交換出来ない 無事故よ安全運転

ガソリンがなくなりそうなとき

Eに近くなるがあれがエンプティのEだとは知らず

「いっぱい」の「E」だと思ってた人だ。

Fはフルではなく「不足」のふ  馬鹿で~す!

ガス欠になり学びました。

「今すぐに免許証を警察に返せ」 と夫が怒って

「雲丹や蟹 食べてビール飲んで運転は私ばかりで

もう最低 ひどい人」 と子供の前で喧嘩になったのだ。


・ピンチの時にこそ人間の本性は現れ真価が問われる

・子供の前で喧嘩をすると子供は公表する

(夏休みの思い出の作文にも書かれた)

の2点が学んだこと


楽しいキャンプを嫌だと言い始めたのは

キャンプ場で野菜を洗わせたり食器を洗わせたり

洗濯させたりで仕事ばっかりが嫌だと長男が言ったのだ。

家なら洗濯機があるしテレビもある

「僕は留守番がしたい」といいだし足並みが揃わなくなった。


キャンプ場の朝の澄んだ空気の中で飲む

ドリップコーヒーの美味しさ

川で摘んだクレソンの天ぷらの美味しさ

子供に伝えてなかったからね

宝くじ買ったから当たったらキャンピングカー買うよ!

五郎ちゃんと行こう!

 

キャンピングカーの思い出

子供がちいさいころ お正月を

温泉で迎えようと群馬県の温泉に8人で

出かけた。大晦日から2日まで

それがギャングが掛け軸は引っ張る コップは割る

夜泣きに 母は湯あたり で疲れと恥ずかしさと

莫大なお正月料金で頭を抱えた。

旅館は無理ね

キャンプしかないね

その年バンテックと言うところでハイエースを改造した

キャンピングカーを買った。

蟹を食べに寺泊に行ったり

蕎麦を食べに信州に行ったり山梨のキャンプ場は

毎週のように行っていた。

その車を私の今は亡き父が事故でボコボコにした。

オートマに慣れていなくてアクセルとブレーキの

踏み間違えで車軸が曲がるほどのダメージで

廃車寸前だった。

父が直したいと言い張り 費用と日にちを費やし

結局またその車に乗って夏休みに北海道に行った。

ちゃんと直っていなかったのかダメージがひどくて

出てきたのかわからないが

北海道の真ん中辺りでエンジンから煙りを出して

車は止まってしまった。

忘れもしない8月13日お盆休みだ。JAFは5時間まち

途方に暮れているとキツネが一匹こちらを見ている。

子供達は喜びお菓子を投げるとキツネが食べる。

市場で買った珍味を食べて二匹にふえたキツネを見て

JAFをずっと待っていた。

旅行の思い出は事件があった方が鮮明に残る。

熊牧場よりも市場の海鮮丼よりもキツネが忘れられない。


JAFは暗くなりやっと来てくれたが修理工場は休み。

オイルがエンジンのひびから漏れてエンジンは焼き付いてしまっていた。旅行は中止

寝台車にサンダルばきの汚い親子が乗り込み東京に帰ることになった。キャンピングカーではいつもラフな格好で乗っていたので周りの目が気になった。バッグだってないのよ!スーパーのビニール袋。

「僕たちこれからどこ行くの?(何があったの?)」と聞かれ

子供達は口々に キツネをみた 車から煙りが出た とかパパとママが喧嘩した とか お金が大変だとか話したらしい。

沢山のお菓子を貰い味を占め 

列車の中を歩き回り物乞いをしていた。

親は疲れと修理と運搬費用とJAFのお金とを考えてぐったり

子供達の行動には 気付かず。後で知り恥ずかしい思いをした。

六花亭のチョコレートが沢山あった。

今は笑える思い出になったね

その後莫大なお金がかかったキャンピングカーは

キャンプは嫌だ!の子供達の声で安く売ってしまった。


この頃 また買いたくなってしまって困っている。


あっ お問い合わせのメールが沢山

五郎ちゃんお腹大丈夫ですよ~

いつもの が出ました。

ご心配おかけいたしました。