五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

これだ!これなんだ!やった~回れた!


乾燥機で作った手作りオヤツ

牛肉の脂の多い部位を使ってしまい納得の出来ではない

65度6時間 時間も足りないかも 

茄子と一緒に煮たら人間のご馳走になる


五郎は今日で1歳5ヶ月になった。


昨日突然 座って待つ五郎の周りを360度回れるようになる

180度以上出来ないなあと思いながらも

毎日やっていたら 突然回れた

もしかしたら五郎はたたずんでいただけかも知れないが

360度回れた!

ぎゃあぎゃあ大袈裟に喜び 五郎ちゃんいい子 と

褒めまくったら 五郎は「エッ?母ちゃんなんで喜んでるの?」と

キョトンとした顔を見せた。

もう一回待てをかけ回ると またできた!

またまた拍手喝采 狂喜乱舞

「へ~これで いいんか」と五郎

「なあんだ 首を回してうしろ見れば母ちゃん見れるぜ」

調子に乗ってスキップで回ったり 踊りながら回ったり

10回以上成功して  褒めまくって

半年以上かかった360度回りは 突然成功

外ではまだ100%は出来ていないが 

ドタドタ回ると嫌がって動くが

「じっと座って母ちゃん見えなくても

ちょっと我慢して待てば褒められる」事に

五郎は気がついてくれた。

これなんだ!と私もやっとわかる師匠の言葉


毎日の積み重ね 諦めるな 褒めろ


不思議な事に今まで出来なかった事が

スイスイ出来るようになり 驚きの毎日。

ドッグランのベンチもトリーツ無しでジャンプ出来るようになった。ベンチジャンプは好きなようで ドヤ顔の五郎 

かといって他の物では また別の反応を見せる。

不思議 面白い 五郎の理解の推移が何となくわかってきた。

調子に乗ってやりすぎるとあくびが出るので

やめても 五郎の方から誘って来るようになってきた。

「え~まだやるの~やる気だねえ」と嬉しい

五郎の成長が嬉しくってたまらない

今日はwiz.dogclubの練習日

先生の前で出来るかな?先生 絶対大喜びよ。

五郎の健康のため食品乾燥機を購入

昨日ひと足 早くサンタさんが来てくれた。

前から気になっていた 食品乾燥機 

犬のお友達が購入して 作って試食させてもらったビーフジャーキーがあまりに美味しかったので決意した。

これで五郎ちゃんの手作りオヤツが出来るようになる。

早速りんごと鶏肉でやってみる。

炊飯器よりも一回り大きいがトレーが5段あり

かなりの量のジャーキーが出来そうだ。

これで市販オヤツの保存料 添加物を避けれる。

それに経済的 断然安いと思う。

ジャーキーはついでに人のオツマミにしよう

安い時期に大根で切り干しを作ろう

国産干し椎茸も出来るぞ! 

ドライフルーツを作ってホットワインに入れよう 

ドライフラワーも出来るらしい

あらあら 大変 忙しくなる

オーブンで焼くより出来上がりが良いよ

味も良いよ!

孫のオヤツの野菜チップを作れる!ワ~イワ~イ楽しいぞ~


サンタさんは玩具をくれたんじゃないよね?調理器具だよね?

でも 過去のあまり使わない調理器具の最初の興奮パターンだよ 「あれも作れる!これも作れる!」

結局 作るのは私 使いこなせるかは私次第ってこと

気をつけよう

五郎の健康のために使いこなそう!

夢は広がる 

姉弟バトルに参戦したい五郎

年下のお嬢さんに おもちゃ下さいお願いします の五郎


目が覚めるとドッグダンスの事を考えている。

いや この頃何時も考えているね

野菜を切りながら 洗濯物をたたみながら

「タッチ タップの高速技が出来るようになったから使える」

「スタンドのバリエーションも入れよう」

「ジャンプは外せないな」とか

頭の中はドッグダンスだらけ

🎶こ~んな~女に~誰がした なんて歌があったね 

(菊池章子の歌「星の流れに」の一節です いろんな人がカバーしてます。🎶星の流れに身を占って~が歌いだし)


あんなに「何時やめようか」 なんて考えていたのに

まんまとドッグダンスに とりつかれたね (妖怪か)


この間は4歳の孫と約束してしまったのよ

「小学校に行く頃には五郎ちゃんと一緒に踊ってね!

バアバラは側で木の格好をして立っていてあげるからね」


ダンボールを胴体に巻付け着色 手に枝を持ち 

葉っぱもいっぱいつけよう 完璧だね


犬1匹 人間2人は規定違反かなあ?

犬もう1匹増やせばグループで参加出来るね

娘が「大木で邪魔じゃない?」と言ってた。

大木の周りで 可愛い子ちゃん達がクルクルまわったら

楽しいだろうね~嬉しいだろうね~

時々 大木が「五郎座れ!」とか指示するの

考えただけでワクワクしちゃう。


今日は次のルーティーンの構成を

紙の上にしっかりと書いてみよう!

って どうやって書くんだろうか!?