五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

おじさん声の母ちゃん

三寒四温とは本当ですね~昔の人は的確な言いまわし。

今日はとても寒い日です。


昨日の五郎は朝一でドッグランに行きました。

  遊んで    集中させ     チョコっとトリックをして
また解放     走って       遊んで       また集中
良いねえ五郎ちゃん     キョロキョロしない
匂いも探さない     指示を 理解しているか確認作業をする。
「母ちゃんもうやだよ」と五郎のアクビが出たら      はい    練習は おしまい。
誰かが来たら練習を止めようと思っても早朝のドッグランには誰も来ないので
たっぷり練習をして   ゴミを拾って帰って来ました。


家での練習は     昨日おとといと  出来ていた    遠隔操作が今日は出来ない
何か混乱させたかな?
わざとやらないのかな?
と考えていると のそのそ と動く五郎
1才8か月になったが ゆったりのそのそが多くなったような気がする。


テンションコントロールするって難しい


方法は色々あるが先生から声の調子を変えるように教わっている。 
元々低い私の声色を変えるのには苦労する。

頭のてっぺんから   かん高い声 出さなきゃならないの

「さあ五郎ちゃんいくよ!」「そうそう  良いねえ」



「声」で思い出した。

中学生の頃 部活動の連絡網をまわす時のことだった。
今と違い携帯電話なんてないし  
それぞれの家の黒電話(懐かしい言い方)に連絡を回すのだが
私の次の連絡網の女の子のお父さんがいつも受話器の向こうで機嫌が悪い。

感じが悪い のだ。 ムッとした取り次ぎがあからさまで

「何のようだ!部活?名前は‼」と怖いのだ。
ある日その子の家に行くことになり  恐る恐るお父さんに挨拶したら
「えっ?いつも電話連絡網の子?女の子だったんだぁ」としばし絶句

その後大歓待でお土産まで持たされたことがあった。
お父さんは「部活を理由に愛娘に男の子が電話をかけて来る」と
二年間以上思っていたらしい
あのお土産はお詫びの品だったね
ちょっと嫌な思い出
部活は男女一緒の陸上部 
箱崎先生に半ば強引に入部させられました。
タテもヨコも学年    いい え    学校で一番   おおきかったからですよ。(女子の中では)
美術部に入りたかったのにねえ。
陸上部で三年間 砲丸投げをやってましたよ   似合うでしょう?



いよいよ点火


写真はちょっと前のフライボールのレッスンの時のものです。


朝一でドッグランに行きましたがすぐに雨が降りだしたので帰りました。
あとはお家の中での遊びを楽しみました。
犬は5頭目だけど犬と遊ぶことの大切さを知ったのは
五郎が始めてだったので 結構大変です。
力が強いので引っ張りっこは負けそうです
必死で引っ張ると筋肉痛 五郎が首を振りながら引っ張ると私の関節も痛くなります。
犬は筋肉痛にならないのかなあ
肩こりはないよね~肩が無いからね
そのかわりどこかが痛いかな?
犬のマッサージとかもあるらしいから色々勉強しないといけません。
犬の胃の場所も始めて知りましたよ あんなに下にあるとは思いませんでした。
愛犬家の皆さんはご存じかしら?
一度 犬の体の解剖図をネットや図鑑でご覧くださいね
知らないことは恥ではありません。
知ろうとしないことが恥かしいのです。
好奇心を持って探求しましょうね


そろそろお尻に火が付いてきた。
ドッグダンスの地区大会は21日
関東大会は4月10日
シャドウダンス とことんやろう!

五郎につままれた‼


お友達に抱っこされる五郎 ちょっと不安な顔


木蓮が咲き始めている お散歩中  よそのお庭の花に目をやれば
もう春だね
ミモザまで咲いている
もうちょっとゆっくりと咲いてくれれば良いのに
春は競うように花が咲く
大好きな「大犬のふぐり」を見つけた。
もっと素敵な名前にしてあげれば良いのにね~
でもどこをどうやって見れば「ふぐり」に見えるのかなぁ
と長年思っていても誰にも聞き辛い
その上 去勢していない大型犬はドッグランには まず居ないから
じっくり観察も出来ない
青紫の可愛い花 私だけの名前を考えようと思っている。
「チビチビスミレ」とかね


昨日 五郎に 始めて試した事がある
「マット」は理解しているので横につけてから3メートル離れたマットに
指示して「座れ」そして「伏せ」を言ってみた。
素早い動きではないが 五郎は指示を理解していた。
何だ 出来るじゃん! と驚いてしまった。
何回か繰り返し大げさに喜び褒めた。
この間の試験で他の人がやっていたので始めて試したら出来ていた
その上伏せは手の誘導がいるものだと思い込んでいたので
キツネにつままれた 感じ
これからは「五郎につままれた」   という言葉にしようと決めた