五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

猫のスーちゃん

五郎の遊び相手のスーちゃん。孫が生まれる半年前に

鈴木さんの庭に迷い込んだ野良猫。

雨の日 子猫の泣き声が聞こえると電話がきた。

「捕まえたら馴らして誰かにお世話してあげるよ~」と

言ったらお隣りのご主人まで動員した大捕物になったらしい。

「手足に泥汚れか油汚れがついてるわよ」と

段ボールに入れられてきた子猫はまだ生後2~3ヶ月だった。

人に慣れていないから引っかく噛み付く必死の抵抗だった。

昔からいつも猫が家にいたからとっくにトキソプラズマの

抗体もある妊婦の長女が気長に馴らして

取り合えず鈴木さんの庭に居たからスーちゃんと呼び

トイレトレーニングと虚勢手術をして

どなたかのお家の家族にと思っていた。

しかし母性本能全開の長女は自分が飼うと言いだし

涙で「引っ越す時は連れていくから」と約束した。

子供との約束は破られるのが常である。

娘家族が引っ越してもスーちゃんは家にいる。

油汚れだと思っていたぼつぼつは

猫には珍しい斑点で 毛色もカフェモカ

顔はタヌキみたいな黒マスク。

猫なのに足音が大きい ドタドタ音をたてる。

完全室内飼い 水は蛇口から直接飲み 

夜は五郎と一緒に寝る。

なかなか可愛い猫だ。

我が家にとって猫は生活必需動物で~す。

迷走中

毎日楽しいワンコ生活

競技会に出る犬は全部が全部そうではないが

ドッグランで放したり犬と自由に遊ばせたり

挨拶すらさせない飼い主さんがいるそうだ。

犬同士で遊ぶ方が楽しいから飼い主絶対主義では

なくなるから程ほどにした方が良いと

アドバイスされた事もある。

ふ~む 五郎さんどう思う?


あるドッグトレーニング教室で素晴らしく

トリックをこなすワンちゃんを見た。

うわあ凄い!と羨望の眼差しで見ていた。

その犬が帰るとき先生やスタッフが口々に

〇〇ちゃんお帰りで~すと言って

パーテーションと人で出口まで囲った。

スーパードッグとなると扱いもVIP 芸能人なみと

感心していたらそのワンちゃん

人にも犬にも噛みつくそうだ。

あれれ あれまあ あらたいへん

だから訓練している?それとも????


人のことはさておいて

私があれこれ言う資格無し

ただ私の目指している事とは違う。

五郎が嬉しそうに駆け回る姿を見ると嬉しい

ヘラヘラ顔で遊んでいると可愛くてたまらない。

その喜びを取り上げてまで競技をする気はない。

だから また五郎ちゃん逃げ出すかも知れない。

ゆるいお楽しみドタバタドッグダンスで

いいじゃないのと私の中のAが囁く

やるからにはもっと頑張れトコトンやるんだ!

と私の中のBが囁く

ちなみに わたくし二重人格のAB型です。

ダンス練習日

今日はWiz.Dog Clubの練習日だった。

1時間みっちりマンツーマン。

まずはベーシックトレーニング

座れ ふせ タッテマテ 離れて待て 

久しぶりだったけど だいたい出来ていた。

その後近くの公園で音楽をかけて

ロングリードで嬉しそうにピョンと跳んで

どうにかこうにか踊りきる。

先生にはアウラのファンマッチの事件報告は

すでにしてあったが

「当日はシートとビニール用意するから」と言って

私を安心させようと励まして下さった。

ウ、ウ、満田先生を喜ばせたいよ~。

また五郎ちゃん千葉でもやってくれるかも?

それとも踊れるか?…わっかりませ~ん

もう、後は野となれ山となれ 破れかぶれだあ~

練習で出来ないのは本番でも出来ないそうだ。

もう変えずにこのままで行くつもりです。

笑顔だけは忘れずにね(o^-')b