五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

ドッグランでのトラブル対処の知恵

天気を心配するのは犬と生活する人の常

朝と夕方だけでも降らないで欲しいなあ

ドッグランの当番の時の事を犬友に相談したら

犬が喧嘩を始めたら水を持っていて

水をかけるように教えてもらった。

引っ張ってはいけないと

「でも両方ともよい人で良かったね。

大喧嘩になるときあるよ」と話してくれた。

噛み付いてしまった犬の飼い主が「あんたの犬が悪いから

うちの犬が教えてやったんだ!」と言って大喧嘩に

なった事があるそうだ。謝らない人も多いよと。

どうしよう 遭遇したらどうすりゃいいんじゃ

水をかけるか?

「トラブルの時五郎ちゃんはどうしてるの?」

と聞かれた。

誰かが ガウガウ始めると 必ずドッグラン入口に

走って行き自分のリードの下で座って私の顔を見る

「母ちゃん 早く~帰ろうよ~」ってね。

毎日の練習が楽しくなってきた!

写真はレナちゃんと練習中のひとこま

美しい朝日を浴びて良い写真でしょ

レナちゃんママいつもありがとう!


毎日練習

五郎もあくびやカキカキ ブルブルが減ったように思う。

楽しみながら褒めながら出来るようになってきた

五郎が成長したんだねえ お母ちゃんは嬉しいよ

新しい事に挑戦し五郎の理解力を確認しながら

一通りやると時間があっという間に過ぎてしまう

丁寧にゆっくりとじっくりと

今日ダメでも明日に繋がる練習

五郎のやる気 目の輝きを大切に

短く 細切れの練習が楽しくなってきた

今日は ついてあるいて たったまま止まって

バックしてみた また歩いて 座って たったまま止まって

バックして アラウンド ヒール センター バックして

ついてあるいて また繰り返して 

ただこれだけで 嬉しくて 可愛くて 

褒めて 抱きしめてイチャイチャしてる。

それでも餌無しハンドシグナル無しで五郎が言葉を理解して

動ける動作は タッチ タップ アラウンド スタンド 座れ

待て 位しかない ループはハンドシグナルをまだ必要とする

毎日私はそれを確かめるような練習をしている

練習方法はこれで良いのかなあ?

合っているのかなあ?


明日は久しぶりのアウラのレッスン

楽曲を持っていき これでどうでしょうかと

お伺いをたてることになっている。

2曲持って行こうと思ってるが

辛くちコメントの西田先生がなんておっしゃるか

ドキドキもんだわよ。




 

佳祐の事

うちにはもう一匹犬がいる

三頭目の犬の佳祐

四頭目のハナは五郎が来る二ヶ月前に

心臓発作で急死した。

もう数年ほとんど寝たきりのケイちゃん

年齢がわからない保護犬

大体13歳ぐらいだろう

久しぶりに動いていたので五郎も

ついて歩いている

三番目の娘が中学生の時に通学路で

見つけた。リードとキャリーバック餌皿付きで

数日間放置 見かねた娘が連れてきた。

うちには3歳のシーズーのマーフィーがいたので

同じようなシーズーの1歳ぐらいの捨て犬を

一時的に保護するのは容易だった

軽くて骨盤が触れて毛はフェルト状になっていた

急いで病院に連れていき点滴をした

警察に電話すると保健所か愛護団体へ行くように

言われた。うちで預かり近隣の保健所や動物病院

警察あちこち知らせてみたが捨てられていたのは

確実で誰も見つからなかった。

四番目の息子が当時桑田佳祐が大好きで

佳祐と名前をつけたが別の名前がついていたのだろう

無反応 散歩に連れて行くと若いロングヘアーの女性に

異常に反応する しっぽを振ってハアハア喜ぶので

若いロングヘアーの女性が捨てたのだろうと思っている。

名前を覚えるのに数ヶ月 手をなめてくれたのは

1年後位だった。保護した時から酷い皮膚病 股関節形成不全

食物アレルギー 後ろ足の指は普通より多くて6本ある

大きなでべそだった。特別食、医療費がかなりかかる子だ

だから捨てられちゃったんだね と家族で話していた

佳祐の心の傷はなかなか癒えず

吠えて 喧嘩して 必死にアピールしている子だった

今はほとんど寝たきりでベッドから動かないが

食欲はある 目も耳も悪くなっているが 

まだまだ大丈夫 

誰にも媚びないケイちゃんは五郎より強く 

一喝され五郎はいつも服従している