五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

感動は心の栄養

雨が降らないうちにあさんぽができました。家の事をあれこれとしているうちに雨がかなり降ってきました。

朝練を通院で半休の父ちゃんも一緒にしました。ソフィアと父ちゃんだんだん息が合ってきました。ベーシックⅡの試験も父ちゃんで行けそうです。私より覚えが早い父ちゃんは 変に手をバタバタ動かさなくなって鍛えがいがあります。その上なんといってもソフィアが優秀でね。


褒めてるのか?解除しているのか?不明の父ちゃんの「イーネイーネそうだよヨシヨシ」 を「余計な言葉はいらない!」とピシャリと言う私。 どこかで先生に言われたなあと思い出してニヤニヤしてしまいました。

ゲキを飛ばしてばかりだといけないと思って「さすがだねえ」「良いね」「クラフツも夢じゃないね」と褒めておきました。(そこはハンドリング歴41年 うまいもんだわよ)褒められると父ちゃんニコニコ

頭が良いソフィアは「きっとこの事ね」と予測して父ちゃんが間違ったキューを言っても正解の行動をします。父ちゃんキューを間違えても気がつかない。私もきっと五郎をこうやって悩ませていたんだろうなあ と思いました。

「今そこでトリーツ出しちゃその場所が正しいと思っちゃうよ」「クリッカーは?」「遅い!」「私がクリッカー鳴らすからそこで褒めて」とじれったくなって途中から私がクリッカーを持ちました。

おおっ!大発見!

クリッカーは人に有効だ〜!特にトリーツを渡せない初心者訓練には便利だわ

父ちゃん訓練にはクリッカーです。

ヒッヒッヒ 今度 台所に食器を下げたらクリッカー鳴らそう。

父ちゃん僕らの仲間だね カリカリ食べる?

展覧会が無事に終了

生徒さんの作品が本人の目の前で売れて お客さまが絵をとても気に入ってくれて褒めて下さり 彼女が感激して泣いてしまいました。気持ちが痛いほど わかるから もちろん私も貰い泣き。

その場にいれて幸せでした。

感動は心の栄養ですね

一生懸命やった人が貰える目には見えない最高のご褒美ね


私も頑張ろう!ドッグダンス

展覧会の最終日

ちゃんとその日に写真を撮っていますが 毎日おんなじように見えるでしょ? 犬達も「またかよ!」って顔のいつもの写真

暗いうちのあさんぽ は 5時半から

朝練は8時から45分間

月曜日は看護婦さんの日です。婆ちゃん良い笑顔です。

血糖値も血圧も全てよーし。良く食べ 良く寝て穏やかです。不安と心配が無いってステキ!

濃厚なスキンシップと笑顔の話しかけ 冗談も言いたい事も言って います。楽しい介護にしなきゃね ストレス溜めないのがコツです。

展覧会でお菓子を沢山貰って婆ちゃんにどんどん食べさせています。「美味しい?」と聞いても何を食べているのかわかっていない時もありますが 気に入っていれば口を開けてくれるので食べさせちゃう。甘いものが大好きですよ!

朝練では基礎練習。毎日飽きもせず繰り返すあれこれは1秒1センチ 進歩して 喜ぶのもつかの間です。 もう一度前段階に戻ったり 最初から丁寧にやり直したり 母ちゃんの無い頭を使って練習しています。

あー昨日できたと喜んだのに まだまだかあー わかってないなあ 伝わってないなあ

先生が見たら「ツッコミどころ満載」って言われるなあ

やーめた!遊ぼう!と四つん這いになって乱闘ごっこ。犬になって本気で遊びました。

五郎は嬉しそうにガウガウ言ってバウポーズに母ちゃんの手をくわえようとしていますが ロックはただ走り回りソフィアは吠えて「 あんた達何やってんの!やめなさい!」ボールを投げ取り合い タオルが破れるほど引っ張って遊びました。 腕のミミズ腫れが嬉しい

顔長いね!

展覧会も最終日です。天下一祭りと同時期の展覧会は 生徒さんたちのお客様が大勢いらしてお祭り騒ぎでした。

地元の方や絵を買い慣れている方は最終日にお見えになって絵をお買い求めになる方が多いのです。少しでも軽くして帰りたい作家心理をご存知で 値切ります。

最終日に何枚お嫁に行くかしらね?楽しみです。終わったら年末まで怒涛のドッグダンスの行事攻め ウフフ 楽しさ爆発的だわ!

ドッグダンスは接着剤

あさんぽはご近所パトロール

ソフィアの食事は発酵食品全部のせで便秘解消しています。今までは一品だけだったのがヨーグルトに納豆にアマニオイル 豪華トッピングです。

練習はサラッと基礎練習のみ

ソフィアはフセと座れと立てを素早くする事

呼び戻しの途中でのマテが直ぐに止まらないで二、三歩動いてしまうのでそれが課題です。

マテと言われたら「その時の状態でピタッと止まる」が完成形です。練習あるのみ。

問題は「勝手に先読みして動く傾向あり」です

フロントで座る時の距離がまだあります。もっとぴったりくっついて欲しい ハンドシグナルでのツイストが分かって来ています。身体が練習を通して柔らかくなってきましたよ。反対周りがまだガチガチです。集中している時の表情がとても美しく あの目が大好きです。

五郎もロックもソフィアも目が合うそれだけで母ちゃんの頭の中ではオキシトシンと何とかホルモンとかが溢れ出すよ。

子犬の頃からの五郎はべったりですがロックはやっと甘えてくれるようになって 人への信頼が育っています。それでもまだまだです。抱きしめるとスルリとすり抜けます。ソフィアは抱きしめると喜び 顔を舐め 人と触れ合いながら育ってきた経歴が伺えます。それでもまだまだ関係は構築中。保護犬はそのあたりが大変で特にロックは慎重に距離を縮めてきました。

昨夜父ちゃんの足が何かの拍子にロックにあたりギャン泣きして逃げ回りました。震えて私の背後に隠れたのです。慌てて父ちゃん撫でようとするもロックはパニック状態で側にいる五郎に嚙みつこうとするし 大変でした。

母ちゃんは父ちゃんに噛みついてやった!

おどりゃーなにした?なんて事した!

私はロックは人に打たれた経験があると推察しています。ちょっとでもぶつかると悲鳴をあげます。うちに来てやっと1年半 名前を知ってもらい目を合わせる事から始めドッグダンスのお陰で信頼が芽生え愛情が芽生えてきたと確信しています。名前を呼ばれるだけで尻尾を振って見上げてくれるロック。ちょっと唸ったり吠えたりの自我も芽生えてきたけれど ロックは随分学んで犬らしくなってきました。

ドッグダンスのおかげなんですよ!学んでいなかったらこんなに仲良くはなれなかったかもしれません。まだまだですがロックの心の安定を目指します。

ドッグダンスは犬と人をくっつける接着剤だなあ!強力ですよ〜