五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

毎日バタバタ

2匹の時より3匹になると写真が難しいですよ。3匹笑った写真はなかなか撮れません。可愛い子たち

あさんぽ 歩きと練習で1時間

暑い1日でしたね。

皮製品の首輪は伸びるのですね!時々グイグイ引っ張られるからかしら?それとも痩せた?ソフィアの首輪が緩くなってきました。穴をあけなきゃね


ゆっくり

丁寧に 練習 しっかりと褒める


「そうだよそれで良いのよ!」と教える 褒められると嬉しそうな顔をして もう一度できると もっと尻尾をブンブン振って 喜びを表現してくれる ロック毎日やっていると餌誘導が無くなって 微妙な身体の動きや手の動きで察して動く 混乱させないで 自信を持たせて。

ロックとはこのキャッチボールにも似た練習が楽しくできているのですが

五郎さんはなんせ1分以内に考え込むか固まる また遊ぶ 遊んでる途中も考えてる。親バカですが 五郎さんは頭が良く感情が豊かで なんか考えているのです。

それだけに難しい。

オヤツくれる?

肉ならやってもいいかなーっと やっぱりやりたくない!

どうしようかな?つまらなそうだな?

おっと ソフィアが睨んでる こえ〜

草食べたいな

気持ちの揺れ動きは単純じゃ無いのよね。そこが彼の最大の魅力で 宇宙一 素晴らしい犬だと思っていますがね

4番目の孫と娘とランチ 娘の31回目の誕生日をちょっと早めにお祝いしました。

例のスペイン料理のお店のランチは1200円でした。

31年前 緑のギンガムチェックのマタニティワンピースを着て麦わら帽子をかぶって 藤のスーツケースを持ってひとりで入院した日の事ははっきりと覚えています。前日夫が胆石の手術で予定日1週間後の大きなお腹を抱えて長男と長女と手術を見守っていたのです。麻酔からさっさと覚めた夫が痛くて大騒ぎしていたのです。その病院はその当時麻酔や痛み止めの処置がちょっと違っていたのですよ。「酸素を吸った方が治りが早い」とか言って痛みを積極的に緩和してくれませんでした。医学にも流行があるのでしょうか?その頃は胃液を出すために鼻に管が入っていました。この間の息子の手術の時は鼻から管は無かったしお腹からドレンという管も無かった。

夫が痛くて喘いでいるのを見た3才の長男が「パパ鼻からジュース飲んでる!」1才半の長女はベッド脇のおしっこの入った袋を引っ張り床にぶちまける で 雑巾でそれを片付けていてお腹が急に痛くなって産院に行き 「もう大きくなりすぎてるから明日入院しなさい」と言われたのです。昭和62年の6月の暑い日でした。

夫婦で揃って入院 手術1日違いで出産

3725グラム 大きい女の子でした。

子ども2人と保護犬のユキと猫のジャムは私の両親が見てくれていました。よく考えれば私 昔から毎日バタバタ大騒ぎしていましたね。

今日はたまにはのんびりしましょう。


保護犬情報です。

9才のチワプーの女の子です。ビビッと来たらあなたの家が「赤い糸のお家」かも?ですよ!ご連絡下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。