五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

生きる意味

あさんぽ練習は暑くて脳みそが煮えそう!って思うのでささっと切り上げました。

それでも朝5時の排泄散歩と合わせて1時間半 走って遊んで頭を使って 犬たちはクタクタ母ちゃんもクタクタ

楽しく練習できたかな?

無理やりやらせてないよね?楽しく遊んでるよね?でもね〜

金曜日は五郎をウハウハ気分にさせる事が出来ませんでした。あくびとカキカキとよそ見に母ちゃん撃沈。又出直しだわと諦めてしまったのです もうやーめた!と その時 五郎の表情が変わったような気がしました「ラッキー!」の顔。

うーむ これだな ここだな これをどうすれば良いのか?

ロックが来たばっかりの頃 「オイラもやりたいぞ!」が見えたり「やらなくて良いの?わーいわーい」とさっぱりとした五郎の気持ちが見えた時の 母ちゃんの対処が間違っていたのかしら?

五郎はノリノリの日とウンザリの日があります。やるときゃやるぜ!の五郎さんになって貰いたいなあ 付き合いが長い分見透かされている?五郎は勉強させてくれます

ロックは 少しも止まらず動き回ります。

これでしょ?これでしょ?これもやっちゃうよ!言われた事だけやって頂戴な 落ち着いて!落ち着いて!ぴょんぴょん飛ぶな!ジャンプって言った時だけにして!

黙って無視して空を見上げて静かになるまで待つ母ちゃん。下をそっと見るとヘラヘラ笑った顔のロックが左側にくっついてるのです。可愛いんだわ〜たまんない!

ソフィア姉さん 疲れ知らずでぶっ倒れるまで走りそうなタイプ なので気をつけます。伏せてマテ 母ちゃんまたがり指示で左右を振り返って見るようになりました。頭の良い子です。覚えが早い ただ頑固ちゃん。いくら右側のポジションを教えようとしても頑固に左側に来ます。右側はソフィアにとって気持ちが悪いみたいです。ゆっくりと慣れて欲しいと思っていますが左側だけでもいいよーラリオビは左側だけでいいのよね。


あさんぽ から帰って婆ちゃんの介護の記録紙を探しだしました。

爺ちゃんの時の介護の日誌です。

母ちゃんのオリジナルです。勤めていた保育園の0歳児の日誌を元にして作りました。4人の子の2人目までは育児日誌もこれに似た様式で書いていました。3人目になったら書く暇が無くなりました。育児日誌には発達欄があって寝返りをした とか 歯が生えた とか書いてありました。

これから毎日書こうと思います。

忘れないように書いておかないと いつ排便があったのか 水分補給はどうか 忘れちゃう。

医師や看護師に聞かれて即答できるようにです

久しぶりに末期ガンだった父の介護の記録を読んで大変だった日々を思い出しました。

サルコーマと言って 臓器と臓器の間の焼肉の部位で言うハラミに出来る進行の早いガンでした。大腸の外側にあり見つかった時は肝臓 腎臓にも転移していました。ガンはどんどん大きくなり父はどんどん痩せてしまいました。でもね ガンは有難い病気でサヨナラとありがとうを言う時間をくれます。遺される人達に心の準備をさせてくれましたよ。

私も出来ればガンが良いわ〜。なんてうまくいくかしら?

お昼にたか子さんと(長男の嫁)コーヒーの美味しいオンザヒルに行きました。窓から見える鳥たち キジバトの求愛ダンスを始めて見ました。ドバトは良く見るけど キジバトの求愛ダンスはシンプルで上品なダンスでしたよ。ちょっと感動しましたが

個体によってダンスの違いはあるのかしら?

調べてみようっと。

お花の名前の話 婆ちゃんのこと バーベキューの話 時間を忘れて話ちゃって楽しかったわ


気分転換の後には楽しい介護

暑いからって全部脱いじゃった婆ちゃんがベッドの上でタオルケットの端っこを咥えていました。 元気になったから脱げたのよね。写真撮ってお見せできないのが残念ですがとっても可愛いかったです。

明日から投薬も開始します。


夫が「こんなんで生きてるの俺は嫌だな 意味ないし 婆ちゃん楽しくないだろう?」と言いました。「酷いこと言うね」 と憤慨しました。「婆ちゃんは瞬間を生きている 訳分からなくても 甘いもの食べると 美味しいねって喜んでるよ 身体を拭くと良い気持ちそうな顔するし ひ孫を見ると喜ぶし 五郎とソフィアに触って笑うし 瞬間を精一杯楽しんで生きてるからね これで良いのよ!」と機関銃の様にバババーッと攻撃してやったわ。

穏やかで赤ちゃんのような母を私は瞬間的に喜ばせたい。

生きる意味無い?とんでもないわよね。

生きてるだけで意味がある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。