五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

一緒に踊ろう!

この子たちの笑顔が母ちゃんの喜びです。

縁あって家族になって 心を通わせていく

時間をかけてゆっくりとわかり合う その重要なアイテムがドッグダンスの練習です。褒められて喜ぶ犬たち 言葉が通じて喜ぶ母ちゃん

順序立ててゆっくり教えるとわかってくれる優秀な犬たち

本番でできるとか 出来ないは この頃どっちでも良くなっちゃった。そりゃ やってくれたら嬉しいけれどね〜

本番で出来ないには出来ない理由がある事に気がついたからです。

犬には犬の気持ちがある。

始めた頃の 悩みなんて 今じゃ 笑っちゃうわね

犬の気持ちが なーんにも分かってない母ちゃんでした。

毎日の練習が楽しくて 工夫することが面白くて 妄想ダンスが楽しくて 犬が健康で笑っていてくれたらそれでいい。

五郎は楽しくできるように テンション上げる遊びをしながら指示に早く従う練習です。

ソフィアはオビ練習

座れを封印してフセと立ってマテを強化していたのですが修正できたので試してみました。

遠隔でマットに行きこちらを向いて座る 立つ フセるをランダムに指示してもできるようになりました。元から知っていたソフィアだと思いますが先読みと混乱が見られたので丁寧にやり直しました。マット 座れ 立って フセ 来い フロント 座れ あとへ パターンを崩して どれでも素早く指示に従うソフィアです。集中して ガン見 貴女は本当に賢いね

それで夜の部の練習で 父ちゃんに見本を見せてからバトンタッチ。母ちゃんはソフィアとの練習はそこそこにしておきます。父ちゃんの愛人ですからね。夜は父ちゃん訓練です。

「褒めて!」「駆け寄って報酬渡して!」「手は後ろ」「余計な事は喋るな混乱するでしょ!」「位置が甘いから修正」「正しい位置でトリーツ」「前傾禁止」ビシバシ人間訓練です。

ロックは落ち着いて指示が聞けるように母ちゃんが落ち着いて指示を出すこと。

五郎とやるときのようにロックに接すると興奮し過ぎて大暴走になってしまう事が分かりました。シラーっと静かにした方がいいみたいです。気合い入れてマテ〜と言うとマテができなくて静かに言うと出来たのです。犬ってロックって面白いですね。

金曜日は朝30分 夜も30分この程度の練習時間じゃ足りないかな?と思いますが忙しい時はこのくらいしかできません。

まもなく25日には「はあとわんこ」でドッグダンスの発表会があります。今日は衣装を着て練習ね!

母ちゃんオイラは見てるだけでいいでしょ?

五郎ちゃんも一緒に踊ろうよね!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。