五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

五郎と母ちゃんはヒヨコ組

あさんぽ練習はお婆ちゃんをデイサービスのバスに乗せてから行きました。暑かった〜五郎もハアハア言っていました。走ってストップ 待ってからオモチャを取りに行く 指示された方を取りに行く 久しぶりのお友達に大喜びでワンワン吠えました。落ち着きなさい!とお姉様におこられていましたよ。

ポジションまだまだ見極め甘いなあ

それでもいつの間にか わかっている五郎

わかっていてもこちらの出方をうかがったりキチンと伏せてくれなかったり 駆け引きのような 探り合いのような

そこで声を高くしてキャピキャピの女子高生みたいな声を出すとパッと反応します。

リズムに乗ってできることの確認ちょこっとだけ新しいことも練習 フロントポジションで360度私を見ながら回ってくれました。

嬉しい最高に嬉しい 「もうこれさえできれば何にもいらない」と思うけど 少しすると感動が薄れ 当たり前になっちゃって また別の事を望みます。

これを欲と呼ぶか?向上心と呼ぶか?

向上心にしておきましょうかね。昨日Wiz.dogClubの満田先生からラインで 「初めての人以外はビギナークラスに出てはいけない決まりになった」とお知らせが来ました。

一生 ビギナーとかチャレンジクラスとかの気分だったのに もっと別の呼び名にして欲しいなあ 5回以上出ると6回目からはマスタークラスって!重すぎますよねえ

ジェダイのマスターって凄いんですよ!

恥ずかしくって出れないよ

名前変えるかゆるい選択肢をお願いしてみよう

それか60才以上のハンドラーの部とか?犬の年齢も考慮して欲しいよね

ネーミングは?難しい

ひよこちゃんクラスとかライオンさんクラスにして欲しいなあ

ガハハ 私の頭の中は、いつまでたっても幼稚園児

しかし 競技会運営も大変でしょうね〜頭が下がります。ウィズは進化していますよ。

毎日楽しく遊んでいます。


今日読んだ本に良い事が書いてありました。

「趣味に生き芸能の世界に愛着を示しながら少しずつあの世に近くなるこういう往生の仕方を鴨長明は(数奇のなかでの往生)と呼んでいたそうです。数奇とは風流の道、風雅の道の事です。 スキと読みますよ

我が意を得たり

「ドッグダンスで大往生」

ドッグダンスあるある辞典の最後のページに書いておこう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。