五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

伊藤先生のレッスン

1年に1度の予防接種に行きました。ビルバゲンです。五郎の10月に接種に合わせようと思っていましたがあおぞらドッグダンス大会に出るには接種の証明書がいるのです。大会の会場の「小谷流の里」に入る為には狂犬病とジステンバーなどの予防接種の証明書や鑑札が必要です。そこでちょっと早めに五郎とロック2匹一緒に受けました

ごめんね

人間の勝手で

身体に負担がないか 良くお話を聞いて簡単な健康診断の上接種しました。

伊藤先生のレッスンがありました。大会前の練習の仕方 当日の犬とするべき事 馴致の事 教えて下さいました。

ストレッチ運動をして個々のルーティンを見ていただきます。先生の指摘が素晴らしく レナママ、バニママ 私 感嘆の声をあげます。ちょっとした事なんですよ。縦の物を斜めにする程度の。でも犬に優しい人も楽々 みんなびっくり!「あーら先生すご〜い!」おばちゃん3人は先生よりうんと年上です。笑い声が響きます。

「先生!あおぞら 凄い人ばっかり出て場違いじゃ無いですか?」

「芝生の上で匂い取りで終わりそう」

「雨が降ったらどうしよう?」

かしましいったら ありゃしない

楽しいグループレッスンです。

頂いたさつまいもできんぴら作りました。

私が保護したポンちゃん8キロの巨大猫です。次女の猫は子守が上手


犬に無理なく できる事を楽しみながらやるのがドッグダンスです。

やっとこの頃 肩の力が抜けましたよ。

楽しむって何?修行のように苦しい。なんでがむしゃらになっていたのかなあ?

五郎が思い通りに動いてくれなくて

「なんで?どうして?いつもの公園ではできるのに 五郎ちゃん わかっているでしょう?和牛あげるからね、ねえお願い踊って!」

アハハ 滑稽だね

五郎の気持ちをわかっていなかったんです。

長女に言われました。

「ママは無茶苦茶 自己顕示欲の塊だよ」「エ!そんな事ないよ!心外だわ 無礼者!」と怒ったけど 本当の事を言われると怒る私。

「まず、認めた上でやればいいのよ。自覚が大切」と静かに娘に諭されました。

私の子育ては正解でした。老いては子に従えってホントね

言われてなんだかスーっとしました。


そうだ私は自己顕示欲の塊です

何も 無いけど 見せたがり屋です

それがどうした僕ドラえもんです


五郎とロックに向き合って 日々の成長を心底から喜ぶことができるようになってきたかな やっとね

ただ あがり症はなかなか治んないね

セミナーでさえ頭真っ白挙動不審

これも自己顕示欲の裏返しだね自覚すれば治るかな

「母ちゃんだけ公園で踊ればいいよ 駅前でもいいぜ」と五郎が目で言ったような言わないような

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。