五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

私はどうすれば良かったんだろう?

昨日の午後の出来事に悩んでいる

ドッグランの当番だった。

休日で午前中雨だったせいもあり

駐車場に入れないほどの入場者だった

当番だから五郎と遊んではいられず

登録票は着いているか

犬は監察を付けているか

興奮している犬はいないか

管理的な目で見なくてはならず

何事にも甘いゆるい私には

余り楽しい仕事ではないなあと考えていた。


一番気にしていたのは犬どうしのトラブル

傷つけあうことを一番恐れていた。

その他のことはおおっぴらに言ってはいけないが

どうでもいいとぐらい思っていたのが本心だ


平和 平和 よしよしみんな楽しそう と見ていたが

目の前で事件が起きてしまった

ちょっと逃げ腰のボストン・テリアに

スタッフォードシャーブルテリアが

噛み付いてしまった

犬種は気にしていたが人にも犬にも友好的だったので

離しても大丈夫かと思っていたが

ちょっと逃げ腰のボストン・テリアには執拗に迫っていた

こりゃ獲物を狙う目だな 

離した方がいいかな と思った矢先の出来事だった

犬の悲鳴と興奮の中 噛み付いて離さない犬

守ろうと引っ張る人

お尻に噛み付き 流血はほとんどないが

直ぐに病院にいくことになり双方の連絡先を交換し

私も名刺を渡し二家族は去って行った

ほんの数秒の出来事だったろうけど

長くて怖い時間だった

ボストン君には「ごめんね怖い思いさせて 

怖かったね 忘れてあげてね」とオヤツを出したが

ショックで怯えてそれどころではなかった。

スタッフイーは飼い主さんにひっくり返され

大声で叱られていた


どうやったら犬を離せるのか

その前に止められるのか

やっぱり犬種で線を引かなくてはならないのか

トラウマになったらどうしよう

犬達の気持ちを思い

飼い主の心のうちを思うと

心配でたまらない

私はどうすれば良かったんだろう

動揺は今も続いている

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。