五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

ドッグダンスも がむしゃらに


ガビチョウがまだ暗いうちから

おしゃべりしています。


昨日はダンスの先輩お友達とドッグカフェに行きました。私より数年長く「例の所」に通っている方々です。

ハリーポッターの中の「例のあの人」如く 口に出さない事にしましたよ。


お友達が思い出して涙をぬぐうのをみたら

怒りが湧いてきました。

飼い主の心傷つけるのって 犬を傷つける事でしょう?

一心同体 なんだから

いったい何様じゃあ?


ハリーポッターをお読みになった方は多いと思いますが映画化される時喜びましたか?

私は嫌でした。

私の中で育っていた それぞれの人の面影が 消えてしまうようで映像を見たくなかったんです。

ただ あの競技だけはどう表現されるのかが知りたいと思いました。あの駅はどうなってるのかなあと誘惑にかられ見てしまったんです。

見てしまったら案の定 次に読んでも登場人物のイメージが映画の中の俳優の顔とすりかえられてしまいました。お店のイメージも小道具の形も頭の中から消えました。そして本も読まなくなりました。


あの がむしゃらに夢中になっていた楽しい時間に戻りたい

呪いの言葉に怯えたくない

行かなければ良かった ( 映画館に)


映像化されても原作を本で読んで惚れた作品は見ないことにしています。

高校生の頃 夢中になって読んだ

「ナルニア国物語」全7巻のアスランは私の中で健在ですよ。

物語の根底にあるのは

愛と優しさ人を思いやる心

それが一番大切ですよね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。