五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

心配性

心配したらきりがないのだろうが

先の事は悩んでもしょうがないのだろうが

五郎と一緒に暮らしはじめてずっと

心配していた事がある。


スタンダードプードルをネットで調べると

胃捻転 という病名にぶつかる。

今まで小型犬ばかりだったので知らない病名だった。

大型犬 胸の深い犬種に多い病気

発症したら30分以内の手術で助かるとか

予防の為の手術もあるとか

知れば知るほど怖くなってしまった。

五郎が胃捻転になったらどうしよう!

どんな症状なんだろう?

防ぐにはどうすれば良いのか?

聞きまくっている。

「心配性ね その時になって対処すればいいのよ」 

と言われても 想像しただけで涙が出てくる。


子育て中も子供の水難事故が怖くて仕方がなかった。

ニュースで聞く度に怯えた。

とうとう 防ぐため考えついたのはスイミングスクール。

オムツが早く取れたので 2歳から通わせちゃいました。

それでも四人の子供を一緒に海水浴に連れて行ったことが

一度もないんです。波にさらわれるから。


母ちゃんはでかい身体なんだけど気は小さいんです。

象の身体にノミの心臓


そんでもって最愛の五郎の為に出来ること

まずは食事の時間と運動との兼ね合いを考えた。

食後直ぐの激しい運動はダメ

オリジンに水をしゃぶしゃぶかけたり・・・

それが! それがねえ

かかりつけの獣医さんにお話ししたら

「五郎ちゃんに何かあったら夜中でも電話をして下さいね

転送電話にしてあります。輸血も大丈夫ですよ」

って言ってくださったの

しかもうちの獣医さんは家から車で5分 信号たったの四つ

そして スタンダードプードルを飼っているのです。


心配性のおっかあは少し安心しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。