五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。

楽しい毎日をありがとう!

やっぱり目覚めるとドッグダンスのことを考える スピーカーなんとかせにゃ!


あさんぽ練習は楽しく

離れた所から走って来る途中に「ストップ」は出来るのにオモチャを取りに行った帰りは「ストップ」をかけるとオモチャを離してしまいます。その場にポトリ。

「取って」と言うとまたくわえて走って来ますがオモチャをくわえたまま止まって欲しいのですが

何度かやってみましたが ポトリと落とす

立ち止まるだけではなく咥えることもやめるのが五郎の理解

させる必要もないかなあ とも思うけど チャレンジしてみようと思います。

「待て」だったらどうなんだろう?後で公園でやってみようね。

スイッチ 良いことを教わりました。面白いです。ポジション確認 手を上げてみたりバタバタ走ってみたり 五郎が目を丸くして見ています。「母ちゃん何やってんの?」

ダンスには程遠いドタバタ劇です。

がたんぽにドッグランに行きましたが

貸し切り状態

ぬかるみがありました。北向き斜面で冬は厳しいです。思いっきり走ってごきげんな五郎でした。

私は毎日感動しています。

寄り添って歩いてくれる茶色のモジャモジャと目が合った時 嬉しくてたまりません。

一緒に歩いてくれる

これだけで幸せ

一緒に回れる もう最高


また本番は固まっちゃうかも知れません。

その恐怖はいつも頭の片隅にあります。


ああいう雰囲気の母ちゃんガチガチ緊張の

あの場が嫌いになっちゃったかも知れません。

楽しい思い出を作ってやれなかった少しも褒めてやれなかった。がっかりした姿を見せてしまった。


「靴下」と言っただけでそっと靴下を脱がせ持ってくる五郎 褒めると本当に嬉しそう。オヤツなんて無くても褒められて喜ぶ姿が本来の姿なのよねえ。


長女の真ん中の3才の息子が前髪を切るのを嫌がり ちょんちょこりんを作って登園している写真をくれました。

ガチンと頭を叩かれた感じ

私だったら何が何でもあの手この手で切ってしまうだろう。男の子はちょんちょこりんはおかしいと固定概念があるから、オヤツで釣って それでもダメなら 寝ている間に・・・

彼女は決して無理強いしない。偉いね。


五郎が嫌がれば出なけりゃ良いのよ


いや 諦めるのはまだ早い


進歩の無いヤツだ!

堂々巡りばっかりだ。


丸くなっている五郎にお布団かけるとだんだん手足が伸びてきます。

大きくなって長くなって本当に可愛い

撫でながら考えても答えは出てこないので何時もの「保留」「棚上げ」

明るくなったらまた あさんぽ練習したくてソワソワして トリーツポーチにチーズだの鳥肉だのを詰め込むんだろうね


そう五郎との練習は全てを忘れて楽しめるんですよ。毎日ありがとう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。