五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

鬼軍曹が雨を呼ぶ

笑顔の2匹 これが母ちゃんの原動力です。練習が楽しいよね〜ロックのおかげで五郎までオリジンカリカリがご褒美です。

お盆休みも祭日もお婆ちゃん中心でお家近辺で過ごします。

犬たちは人がいればご機嫌ですよ。午前中は断捨離先生の長女の指導のもとにお片付け。大好きなお菓子の缶を取っておいたけど「中に何が入ってる?」と聞かれて答えられないと缶ごと捨てられてしまいます。「えーとえーと大事なもの!」「具体的に述べよ!」

だいたい覚えていないのですよ。でもね綺麗な包装紙だったり何処ぞで食べた後のプラスチックの容器だったり母ちゃんにとっては思い出の宝物なんですが断捨離鬼軍曹は怖いのなんのって!「ハイ捨てる!」

「ダメ〜これだけは捨てないで〜」と泣いてすがれど容赦なくゴミ袋にポイポイ あんまり頭に来たので そばで遊ぶ孫たちに「ママは何でも捨てるよ。そのうちあんた達も捨てられちゃうから気をつけてね」と暴言を吐き鬼軍曹にもっともっと怒られるのでした。

午後からはデパートの中にある眼科の先生の受診です。孫が学校で要検査の紙をもらったのです。その眼科の先生には絶大なる信頼を寄せているので孫も診てもらいました。

まだ五郎と出会う前に行きつけのS眼科で「右が白内障。左はオウハンヘンセイ?手術が必要」セカンドオピニオンのA眼科で「左が白内障で手術が必要」と真逆の事を言われて途方にくれていた時にデパートのレストラン街に開業したばかりで空いていた「こころ眼科」に食事のついでにフラリと入ったのです。

丁寧な言葉に優しい先生でもうノックアウト「それは迷ってしまいますよね〜でも僕の祖母や母親が同じ症状なら僕は手術を勧めませんよ」とおっしゃったのです。名前の通り心のこもった受け応えに紹介した人はみんな通うようになりました。今じゃ大評判です。日曜日祭日もやってますよ。その後左だけ白内障のレンズ装着の手術を受けオウハン何とかは経過観察中です。孫も視力1.2で全く問題なしでした。

聖蹟桜ケ丘京王デパート8階レストラン街の「こころ眼科」の鈴木先生は人の心に沿ってくださる優しい 本当に優しい 今時 稀有な先生ですよ!


鬼軍曹が片付けのご褒美と言ってフルーツパフェをご馳走してくれました。

珍しいので雨が降ると思ったらやっぱり!雨の音で目が覚めましたよ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。