五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

犬たちに癒されて

嘔吐が止まった婆ちゃん ポカリスエットも飲めて顔つきがいつもの婆ちゃんに戻った感じでした。朝8時20分から先生が点滴を持って来てくださいましたが エンシュアを少し飲めて話ができるようになった母を見て驚いて下さいました。「またお昼頃来ます、点滴は様子見よう」と そのままお帰りになりました。「良かったね〜」と先生の笑顔が嬉しかったです。それからおもゆを作って ジュレをひとくち エンシュアを凍らせてシャーベットにしてひとくち血糖値が高いのでいつもの注射もしました。もどさないか恐る恐る食べ物を口に運ぶ

ごくんと食べてくれる喜び

調子に乗ってはいけないと思うけれど卵豆腐も大丈夫だった!お豆腐を出し汁でのばしてみたりヨーグルトひとくち 桃を潰してひとくち

一日中 ちょこちょこ 口に運んでいました。

いつもの食欲には程遠いけど

少し安心しました。

家族みんなにラインで連絡 しました。

まだ 心配事はあるけれど ひと山越えた感じです。オシッコの色が黒っぽいので また後で相談してみましょう。もっと水分摂らせなきゃいけないと思いますが「いらない」と言われずっと押し問答です。

そうそう 上手じゃない!良いね〜 偉い!

犬たちを褒めるのと同じです。


寝てくれた婆ちゃん置いて雨上がりの公園へ練習に行きましたが 行って帰って30分 楽しくリフレッシュしました。


何があっても朝夕の散歩は欠かせないのですが良い気分転換になっています。リフレッシュして 癒されています。

犬たちがいてくれてよかった。

五郎とロックとソフィアはどんな事も乗り越えて行ける パワーをくれますよ。

母ちゃん 頑張れよーと五郎が目で 言ってくれるの!

地球が悲鳴をあげている!

あさんぽ 練習しましたよ

婆ちゃん寝ている間にささっとね。

朝から暑いですね〜 代わり映えしない練習方法 ですが手探りでやっています。間違った行動(間違っているわけではなく私の思っている行動と違う行動の事)をした時は「何故か?」と考える まだわかってないのかな?言葉が届いてないのかな?手の動きが迷わせたのかな?ただしい行動に導くにはどうしたら良いのかな? ひとつ前段階に戻ってやってみる できたら褒める 出来れば3回繰り返して正解をわかってもらう。褒めて 一緒に喜びます。

あんまりやるとうんざりされるので「エー?もうやめちゃうの?」ぐらいで丁度良いみたいです。ソフィアさんも短く細切れ ぐらいで丁度いい。昨日 部屋の中で「あとへ」と言ったらあくびをされました。おお、そうきたか!と遊びに切り替えると乗ってきます。

婆ちゃん見ながら犬と遊び 洗濯しながら犬と遊び ました。

朝9時にケアマネ来訪 ほぼ同時に訪問医 また水曜日も点滴です。火曜日とは違う種類?医学の進歩は目覚ましいですね私が長男を出産した時は点滴はガラス瓶でしたよ。人手の足りない茨城の産院で超安産で汗もかかずに5回いきんだだけで産んじゃった私は左手に我が子を抱きしめ右手で自分の点滴持って二階の病室に歩いて戻ったのです。その時はガラス瓶にゴムの管でしたよ!お産で点滴はそれ以降してないけどガラス瓶を高く上げないといけないと言われたのを覚えています。血が逆流するからね。

血液検査の結果で白血球が1万以上 アルファベット3文字の忘れちゃった炎症反応を示すらしい値が2だそうです。良いのか悪いのか聞けばよかったけど聞けなかった。通知表の2のイメージじゃ嫌だわ。脱水の症状もあり との事でした。午後にもお医者さんいらして点滴を外してくださいました。至れり尽くせり訪問医療は本当に助かります。

看護師さんは訪問と別に朝昼晩と電話が来て様子を聞いてくれます。

今度金額もお知らせしますが介護保険と健康保健適用でお安いのですよ。介護をなさる方には訪問医療をお勧めしますよ。

みなさんに助けてもらっています。

長女夫婦が見舞いに来てくれて 次女も来て 私を労ってくれます。少し寝たら?って言うけど寝てるから大丈夫ですよ

婆ちゃんは お見舞いの桃のジュレを3口だけ食べました。

長女夫婦の事は忘れちゃったみたいです。ひ孫は「可愛いね 」と言いました。

アー私のオモチャ あんた!持って行かないでよ!のソフィアです。無理に取らずに目で追っています。

プラットホームや犬のオモチャは孫が勝手に引っ張り出して遊んでいます。五郎が私の顔とオモチャを交互に見て何やら言いたげです。無理に取らずに離すのを待っています。離したら急いで咥えてソファーの上に持っていきます。また、わからんちんの1歳児が取りに来る この子とは引っ張り遊びはできないのも五郎は知っています。あっさり渡し また離すのを待ちます。ロックは初めっから関わりを避けています。前はハウスに逃げ込んでいました。危害は与えない ただ絶えずちょこまか動く なにか喋る小さい人間の事をだんだんわかってきましたよ。犬は偉いですね 学習しますね。

水曜日の日中は嘔吐は無く熱は7度台に下がりました。表情も和らいできました。

雨音が凄い朝です。

被災地もこれくらいの雨だったのかな。

環境破壊 温暖化が招いているような気がします。地球が悲鳴をあげている。

抜け毛コンクール

練習がしたくてたまらないボク

排泄散歩も そこそこに 練習お休み さっさと帰りました。

朝一番に看護師さん来てくださって酸素量 熱 血圧など計ってくれました。実は看護師さんが来る前にパジャマを着せておこうと思ったのですが5回目の着替えで凹み またもどすし もうパジャマ無いしと 裸の母をバスタオルでくるんでいたのです。一抹の罪悪感

それを見た看護婦さん「ナイスですね!」とにっこり。嘔吐の時はペットシートを使うと良いとおしえてくれました。オムツだってパットだって犬のトイレ用シートだってなんでも首回りに挟んでOKって 心がとっても軽くなりました。うちの看護婦さん決して否定しないのです。

まずは全てを受け入れてくれるのです。それからやんわり直すべきところは教えてくれます。人はこうあるべき良い見本です。

正直に言っちゃった。「もう、一晩中 嘔吐で着替えさせるのがしんどくて!」「そうよね〜これで良いのよ ナイスですね!」

そのあと着替えさせてくれました。

最終排便が6日でしたので浣腸と摘便をしてくれました。吐く原因の心当たりをひとつひとつつぶして行く作戦ですって。

その後 ポカリスエットをスプーンで少しずつ飲ませると「美味しいね」と母が言いました。

2日食べていないのと嘔吐があるので点滴をすることになりました。看護婦さん一旦帰ります

午後お見えになった訪問医の中村先生が 採血もしてくれました。検査に回すそうです。吐き気止めの薬も点滴に入れて 4〜5時間掛けて点滴をします。実際は6時間かかりました。

次男と次女が見舞いに来てくれて ワン達は人の出入りが 嬉しくて仕方がありません。

夕方また茶褐色の大量嘔吐

熱が8度

どこも痛くないという婆ちゃん オシッコの量がやっぱり少ないと思います。点滴したら大量のはずなのにね。

お腹すいた?と聞くと空いたと言うのでスイカを絞ったジュースをひとくちだけ飲みました。明日は桃を買ってきてジュースにしちゃおう。


婆ちゃんのベッドの横で寝ているとベッドの下にソフィアの毛が集まっていました。

見なかったことにしようか?掃除機は夜中はまずいよね?しかし よく抜ける 犬の抜け毛コンクールのチャンピオンは誰だろう?と考えながら寝てしまいました。

ハスキーかマラミュートかな?秋田犬・・・。