五郎ちゃん一緒に踊ってよ

五頭目の犬だから五郎。スタンダードプードルの五郎と何故か始めてしまったドッグダンス。
一体何を目指しているのかわからないまま悩み、もがきながらの日々のつぶやき。
五郎ちゃんと母ちゃんのドッグダンスのドタバタ成長記録です。2017年6月から保護犬ロックも家族になりました!

発想の豊かさは人の魅力

アウラでグループレッスンがあった。

お休みの方が多く いつもとは違った雰囲気の中

私が孫連れで参加したので また新しいアウラの魔法にかかってしまった。

まずは 犬が喜びを声と体で表し 先生に飛びついてご挨拶は いつもの風景

広い練習場を子供と犬が走り回る

広い所に放たれると 走り回るのは犬も子供も一緒だね 本能だね

ノーリードで この広さで 犬をコントロールするって事は

決して簡単なことではないかも知れない と思った。

犬としっかり向き合ってこそだと思う。

犬と孫を呼び戻すと一緒にクレートの中に入ってしまった。

多頭飼いの気分だ

先生がゲームをしましょうと提案

フラフープやジャンプのバーや椅子やコーンが並べられた

フラフープの中に五郎が座ってマテをする。五才になったばかりの孫がフラフープを

持ち上げて外し 自分の体ににくぐらせる。

五郎にしてみれば大嫌いなフラフープが自分の周りを動くのだからかなりの試練だ。

何度かトライしてやっと成功する。

ヒールワーク マテ ジャンプ 来い 訓練要素は満載だった

それでも先生は「訓練」は嫌いで全部「楽しい遊び」に変えてしまう

ダンスでも何度も同じことを繰り返しガチガチにやると

「訓練っぽいのはやめて」とお声がかかる。


褒めると子供も犬も大喜び


やられた~

西田先生は発想が豊かで臨機応変 一瞬一瞬ポンポン変化に富んでいて

予測不可能 いつも驚かされる

だから犬も人もワクワクするんだね

ゲームの後はたっぷりダンスレッスン

孫はクレートの中でずっとお絵かきをしていた。

「ばあばら 面白かった!また連れてきてね」と言われたが そうはいかない

多頭飼いは神経を使うよ~ 


帰ってからみんなで二番目の孫の3才の誕生日を手巻き寿司とケーキでお祝いした

子供に人気はイクラと とびっこ 厚焼きタマゴにタラコ 魚卵攻めだ

大人にとっては恐怖のプリン体だけどね

五郎も卵焼きと生クリームのおいしさをちょっぴり知ってしまった!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。